menu

  • 鈴鹿大学
  • 大学院生が33FGビジネスプランコンテスト2018最優秀賞に輝く

大学院生が33FGビジネスプランコンテスト2018最優秀賞に輝く

2019年03月08日

三十三フィナンシャルグループ(三重銀行・第三銀行)、三十三総研、三重県中小企業家同友会が主催する表記コンテストに、鈴鹿大学大学院生のコラムンナメストゥリゲチャトラマドゥシャーンウィマラスリ君のビジネスプランがみごと「最優秀賞(学生コース)」に選ばれました。

プランのテーマは「日本製中古自動車・部品の、スリランカへの輸出販売事業」です。本学大学院にて自らのビジネスプランに関わる情報を調査・研究し、修士論文としてまとめたものをベースにプランニングを行いました。高付加価値な日本車の人気が高まるスリランカの顧客の要望に応じて、日本のオークションで仕入れた中古車を修理し輸出するというプランです。

表彰式のあとの交流会では三重銀行頭取をはじめ、県内の投資家や金融機関・支援者の方々が活発に、チャトラ君や起業家を目指す本学の学生らと名刺交換してくださいました。2021年にはこのビジネスを実現する予定をしているチャトラマドゥシャーン君。ベンチャー起業家を育成できる県内随一の大学として、内外から熱い期待が集まっています。

 

310306_133836091  310306_134554713  310306_160149448

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index