menu

  • 鈴鹿大学
  • 本学留学生がロータリー米山記念奨学生に採択されました。

本学留学生がロータリー米山記念奨学生に採択されました。

2017年02月01日

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会は、将来母国と日本との懸け橋となって国際社会で活躍する優秀な留学生を奨学することを目的としています。

 

優秀とは「(1)学業」に対する熱意や優秀性はもちろんのこと、「(2)異文化理解(3)コミュニケーション能力」への意欲や能力に優れている点が含まれます。

 

ロータリー米山奨学生は、ロータリークラブを通して日本の文化、習慣などに触れ、社会参加と社会貢献の意識を育て、将来ロータリーの理想とする国際平和の創造と維持に貢献する人となることが期待されています。

 

そのロータリー米山記念奨学生に、高見ゼミ3年生の韓国人留学生キム・ハクヒョン君が採択されました。

 

留学生対象のこの奨学金は、経済的支援のみならず、さまざまな職業人や世代の集まりであるロータリークラブが「世話クラブ・カウンセラー制度」のもと、学校や研究だけでは得られない幅広い分野の人との交流などの機会を与えてくれる点に特徴があります。

 

学部生の採択は全国で250名(2016年度実績)程度と狭き門であり、歴代採択者の出身校には東京大学や大阪大学などの名前が並びます。

 

そのような中にあってキム君は、国際交流の活動に励み、ゼミでも旅館の経営コンサルティング提案を先頭に立って頑張るなど、その積極性が認められました。これからも後輩のお手本となるよう頑張ってくださいね。

 

290131ロータリー奨学金採択

page_top

site index