menu

titile_graduate

同窓会

会則

第1章 総 則

  • 第1条【名 称】本会は、鈴鹿大学同窓会であり、『鈴風会(れいふうかい)』と称する。
  • 第2条【目 的】本会は、会員相互の親睦を図るとともに、鈴鹿大学の発展に寄与することを目的とする。
  • 第3条【事務局】本会の事務局は、鈴鹿大学内に置く。

第2章 事 業

  • 第4条【事 業】本会は、第2条の目的を達成するために、次の事業を行う。
  • 1.会員相互の親睦を図る会合の開催
  • 2.会誌及び会員名簿の発行
  • 3.鈴鹿大学の発展に寄与する後援活動の実施
  • 4.その他、本会の目的を達成するために必要と認められる事業

第3章 構 成

  • 第5条【構成員】本会は、次の者をもって構成する。
  • 1. 正会員 (鈴鹿大学の卒業者及び旧在籍者で役員会の承認を得た者)

 

  • 第6条【入会、退会及び除名の手続き】
  • 本会に入会しようとする者は、住所、氏名、勤務先等を明記して本会に申し出なければならない。
  • 会員は、前項に記した事項に変更があった時には、その度に本会に申し出なければならない。
  • 退会を希望する者は、その理由を述べ、役員会の承認を受けなければならない。
  • 本会は、会員が本会の名誉を棄損した場合には、この者を除名することができる。

 

  • 第7条【役 員】本会は、次の役員を置く。各役員は、それぞれの任務を行う。
  • 1.名誉会長 1名 名誉会長は、本会の運営に助言することができる。
  • 2.会 長  1名 会長は、本会を代表してこれを統括する。
  • 3.副会長  1名 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時には、これを代行する。
  • 4.書 記  1名 会議記録と事務連絡をする。
  • 5.会 計  1名 会計事務をする。
  • 6.幹 事  各期若干名 会務を執行する。
  • 7.監 事  2名 会計を監査する。
  • 8.顧 問  若干名 本会の運営に助言する。

 

  • 第8条【役員の選出】前条の役員の選出は、次のとおりとする。
  • 1.名誉会長は、鈴鹿大学学長とする。
  • 2.会長及び、副会長は、通常会員中より総会で選出する。
  • 3.書記、会計、監査は、会長が委嘱する者をあてる。
  • 4.幹事は、各年度毎に会長が委嘱する若干名の者をあてる。
  • 5.顧問は、学生部長の先生に就任して頂くこととする。

 

  • 第9条【役員の辞任・解任】前条の役員の選出は、次のとおりとする。
  • 1.役員は、任期途中であっても、辞任届を提出することによって、辞任することが出来る。
  • 2.役員会において、解任動議が出された場合、出席する役員の3分の2以上の賛成多数で、解任することが出来る。
  • 3.後任の役員任期は、前任者の残期間を任期とする。

 

第10条【任 期】役員の任期は、2ヵ年とする。但し、再任を妨げない。

第4章 会 議

第11条【総 会】総会は、本会会員の全員をもって構成し、毎年1回これを開く。

 

第12条【役員会】役員会は、第7条に規定された役員をもって構成し、随時これを開く。

 

第13条【会 計】本会の会計は、会費、寄付金その他の収入をもって充てる。会計報告は、総会において行うものとする。

 

  • 第14条【会 費】本会の会費は、各会員とも入会金10,000円及び終身会費5,000円とする。
  • ただし、金額は総会の決議により変更することができる。

 

  • 第15条【支部の設立】本会会員を多数有する地方において、本会の目的を達成するために支部を設けることができる。
  • なお、支部の活動は、すべて支部の責任において行われる。

 

  • 第16条【申請事項】各支部は、次の事項を会長に申請する。
  • 1.支部の会員名簿
  • 2.支部の会則
  • 3.支部役員の構成
  • 4.支部事務所の所在地

 

第17条【会則の変更】本会会則の変更は、役員会の議決を経て、総会の承認をもって行われる。

 

  • 附 則
  • 1.本会会則は、平成10年(1998年)4月1日から施行する
  • 2.平成27年10月25日、27年度総会にて会則改訂を承認・施行

 

page_top

site index