menu

  • 鈴鹿大学
  • 【開催報告】つなぐ育ち事例勉強会-発達編-

【開催報告】つなぐ育ち事例勉強会-発達編-

2019年05月22日

今年度もつなぐ育ち事例勉強会が始まりました。

つなぐ育ち事例勉強会では、

0~22才の子どもの育ちを支援するための事例勉強会を行います。

今年度は「発達」と「学校保健」をテーマに、事例を通して課題を共有し、

参加者で課題解決ができるような糸口を見つけていけるような勉強会を目指しています。

 

5月18日(土)は【発達編】として、

三重県児童相談センター中勢児童相談所の児童心理司である岡村広志氏を講師に招き、

「知能検査と発達支援~WAIS-Ⅲの結果の読み取りを中心に」というテーマで開催されました。

発達支援に関する一つのツールとして、分かりやすくご紹介、解説していただきました。

講演後は、教育・医療・保健・福祉・労働・司法関係者による参加者同士によって、

様々な視点からの情報交換がなされ、現場での困りごとや多職種連携などについての話題が挙げられていました。

 

次回は【学校保健編】として6月14日(金)18:00~19:30に開催予定です。

4月から本学の講師として着任された森慶惠先生による

「つなぐ連携の視点からみた養護教諭の職務」というテーマで行います。

ぜひご参加ください。

 

つなぐ育ち事例勉強会0518①

 

つなぐ育ち事例勉強会0518③

 

つなぐ育ち事例勉強会0518②

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index