menu

  • 鈴鹿大学
  • 【開催報告】ジュニアアスリート応援講座を開催しました

【開催報告】ジュニアアスリート応援講座を開催しました

2018年12月07日

12月1日(土)、鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部TSUNAGU PROJECT「つなぐ育ちプロジェクト」の一環として、県内のバレーボール部に所属する小中学生と保護者、指導者を対象に『スポーツ栄養の基本とケガ予防』と題してジュニアアスリート応援講座を開催しました。

 

午前中は鈴鹿大学女子バレーボール部 新監督のもと大学生の選手と一緒に[バレーボール教室]、お昼は鈴鹿大学短期大学部スポーツ栄養サポート研究会Grow upの学生がメニューを考えた昼食を食べながら[食事の基本と栄養]についてのお話、午後は鈴鹿大学短期大学部 石川拓次先生による[捻挫時の応急処置と予防法]について学びました。参加者のみなさまからは、「バレーが楽しかった」「栄養について学べたので良かった」「こういうプロジェクトが毎年あったらいいな」などといった好意的な感想をいただきました。

 

今回の講座は、バレーボールの競技技術とともにジュニアアスリートに必要な栄養・食の知識、そしてケガ予防の知識の習得を目的として、学生が主体となって講座を行いました。ジュニアアスリートの「育ち」はもちろんですが、学生が地域や実社会とかかわることで実践力を高める学生の「育ち」も講座の目的のひとつとなっています。

 

スポーツ栄養サポート研究会Grow upの学生たちは小中学生のエネルギー量に見合った昼食メニューの検討や[食事の基本と栄養]の資料作りなどの準備を行い、そして当日は講師として小中学生の前で食事の大切さについてお話しました。講師として参加者の皆さまの前で話をした学生は「とても緊張したけど、こどもたちが興味をもって話を聞いてくれたので嬉しかった」と今回の経験は自信につながったようでした。今後も、このような機会を通して地域の子どもたちとのかかわりやつながりも大切にしていきたいと考えております。

 

(短期大学部 教員 Growup顧問 前澤いすず)

 

写真①開会  写真②栄養の話  写真③食事内容

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index