menu

  • 鈴鹿大学
  • 【開催報告】こどもボランティア部による人形劇「しあわせの種」上演

【開催報告】こどもボランティア部による人形劇「しあわせの種」上演

2018年05月07日

2018年5月26日(土)に、東員町総合文化センター2階講習室にて、人形劇「しあわせの種」が上演されました。

 

この人形劇「しあわせの種」は16歳の少年が交通事故に遭い、残された家族・友人が死を通して、想い、考えた実話をもとにした作品です。

2016年に残された家族が制作を始め、昨年2月に少年の母校で初披露され、同年4月に四日市市内で二度目の公演をしました。

 

上演3回目になる今回は、本学のこどもボランティア部の5名の学生が上演に参加しました。

 

幼稚園教諭を目指す部長の北出潤人さんは、「子どもたちに命の重さを伝え、その先につなげていかなければならない。将来の勉強にもなる
良い機会をいただきました。」と感想を述べていました。

 

今後もこどもボランティア部は、人形劇「しあわせの種」の上演を続けていく予定です。

 

P1110923  P1110933  P1110929

 

※本イベントは終了いたしました。

人形劇【しあわせの種】は16歳の少年が交通事故に遭い、残された家族・友人が死を通して、想い、考えた実話をもとにした作品です。

 

『命は自分だけのものではなく、自分を大切に思ってくれる人のものである』という想いを人形劇とおはなしで伝えます。

 

1.事業名

鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部 TSUNAGU PROJECT「つなぐ育ちプロジェクト」いのちの教育人形劇「しあわせの種」上演

 

2.事業概要

平成30年度人権講座・人権講演会(法務省委託事業)

実施時期:2018年5月26日(土)13:00~14:30

会  場:東員町総合文化センター2F講習室

講  師:いのちの言葉プロジェクト代表 鷲見 三重子さん

※人形劇の仲間達として鈴鹿大学こどもボランティア部の学生が参加します。

参 加 費:無料

お申込み:事前に下記までお申込みください(先着70名程度)。〆切 5/23(水)

同時開催:「いのちの灯り」の灯篭展示 2F展示室(講習室横)

主  催:東員町、東員町教育委員会、東員町人権擁護委員会

 

【申し込み・問合せ先】

東員町教育委員会 社会教育課(東員町総合文化センター内)

TEL 0594-86-2816

FAX 0594-86-2854

E-mail shakyo@town.toin.lg.jp

 

人権チラシ (PDFファイル)

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index