menu

  • 鈴鹿大学
  • 「“性の多様性”を考える」シンポジウムの開催報告(3月4日)

「“性の多様性”を考える」シンポジウムの開催報告(3月4日)

2017年03月06日

3月4日(土)午後、本学国際文化ホールにて、学びのイノベーション共同研究の

総括的シンポジウムが開催されました。

 

第1部共同研究報告では、4人の共同研究者が、三重県や全国の概況、

教育委員会や養護教諭対象の質問紙調査結果、先駆的授業実践の紹介をしました。

 

第2部講演では、坪田知広氏(文部科学省初等中等教育局児童生徒課長、写真)からは、

文科省通知に関する概説と、「すべての子どもたちの笑顔」のため、

いじめ・自殺・不登校などの課題にどのように取り組んでいくか、
文部科学省の施策についてご報告いただきました。

 

渡辺大輔氏(埼玉大学基盤教育研究センター准教授、写真)からは、

文科省文書の意義と課題、およびご自身の東京都の中学校での

「性の多様性」の授業実践と「すべての子どもたち」への学習権保障の必要性など

ご報告をいただきました。

 

第3部パネルディスカッションでは、講師2人と川又教授、

ファシリテーター渡邉講師が登壇し、「ALLY(アライ)のいる社会」に必要なことを、

フロアの質疑応答を含めて話しました。ALLYを育てる次の課題として、

アウティング(秘密の曝露)についてどう考えるか、

学校のPTA組織にできることは何か、保護者への対応など、

現在の過渡期ともいえる状況の中で、次々と重要課題が論じられました。

 

参加者から、「早い時期から学べる場を確立して欲しい」

「あたり前にあるものをあたり前と思える子を育てたい」

「参加してよかったです」などの感想が寄せられました。

 

IMG_1523

IMG_1524

シンポジウムチラシ(PDFファイル)

page_top

site index