menu

  • 鈴鹿大学
  • 子育てイノベーションセンター「幼児の心の発達とスタジオジブリの音楽」開催報告(2月28日)

子育てイノベーションセンター「幼児の心の発達とスタジオジブリの音楽」開催報告(2月28日)

2017年03月03日

本学音楽室にて、すずたん広場拡大版「幼児の心の発達とスタジオジブリの音楽」を開催しました。

 

はじめに、鈴鹿医療科学大学教授・精神科医師である大谷正人先生によるミニ講義「幼児の心の発達-言葉と社会性の発達を中心に-」がありました。

 

保育者が、乳幼児の心の発達過程を知ることは、乳幼児の発達を促すためにも、保護者自身のためにも、大切なことです。発達段階に沿って、こどもの心をわかりやすく解説されたお話に、参加された大人の方々は熱心に耳を傾けていました。

 

そして、「スタジオジブリの音楽」を大谷正人教授のチェロ演奏と、本学の大久保友加里助手によるピアノ演奏でお楽しみいただきました。

 

音楽は、こどもの発達を促す大きな影響力がありますが、映画ではそのテーマ音楽がそれぞれの映画を象徴し、感動を高める役割を担っています。ジブリ映画の世界は、こどもから大人まで幅広い世代で楽しむことができ、内容について話したり、感情を共有したりと、双方向のコミュニケーションのきっかけにすることもできます。

 

今回は、大人31名、こども23名にご参加いただき、「短い時間でも内容が盛りだくさんで良かった」「音楽に合わせて身体を動かすことが楽しかった」「チェロやピアノの生の音色が身近に聴け、大変貴重な機会だと感じた」等の声をいただきました。

 

鈴鹿大学こども教育学部では、様々な実習や子育て支援イベントを通して、実際にこどもたちと一緒に触れ合いながら、実践的に学びます。

 

写真1

写真2

写真3

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index