menu

  • 鈴鹿大学
  • 仲 律子教授が『学校で役立つ教育相談』を執筆しました

仲 律子教授が『学校で役立つ教育相談』を執筆しました

2019年03月18日

不登校、いじめ、校内暴力、児童虐待等、複雑化する社会にあって、学校でも問題が山積しています。今、教師に求められているものは学問を教え知識を授けるだけでなく、積極的に子どもの人格形成に関わり、子どもや保護者の心に寄りそうことであると考えられます。そのために役立つ知識の一つとしてカウンセリングの基本的態度が挙げられます。教育相談をめぐる現状について最新データを取り入れ、カウンセリング技法の活用も含め、教育相談の理論的背景と実践の両面を学べるよう配慮された一冊です。

 

仲 律子教授は、第Ⅱ部の「教育相談に必要な発達と精神病理の知識」を執筆しました。

 

『学校で役立つ教育相談』

谷口 篤/丸山真名美 編著

共著者

小林由美子/貝川直子/仲 律子/小原倫子/永井靖人

発行:八千代出版株式会社

税込価格:2200円+税 ISBN978-4-8429-1742-9

A5判/並製/ 210頁/ 2019-04発行

 

目次

第Ⅰ部:教育相談の基礎

第1章:教育相談の意義と役割

第2章:教育相談の計画と連携

第3章:スクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカー

第4章:カウンセリングの技法を活かした教師の指導

第5章:保護者への対応の基本

第6章:教師のメンタルヘルスとその対策

第Ⅱ部:教育相談に必要な発達と精神病理の知識

第7章:幼児期・児童期の心理と発達

第8章:中高生の心理と精神病理

第Ⅲ部:子どもの諸問題とその対応(教育相談の実際)

第9章:不登校への対応と予防

第10章:いじめへの対応と予防

第11章:非行への対応と予防

第12章:情報化社会における問題と対応

第13章:児童虐待とその対応

第14章:配慮が必要な子どもの理解と対応

第15章:子育てと家族の問題への対応

表紙(PDFファイル)

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index