menu

  • 鈴鹿大学
  • こどもボランティア部が児童養護施設へクリスマスプレゼントを贈りました

こどもボランティア部が児童養護施設へクリスマスプレゼントを贈りました

2018年12月26日

12月24日(月)に、こどもボランティア部の学生たちが、児童養護施設河芸里山学院のこどもたちにクリスマスプレゼントを贈りました。

 

まずは、里山学院の8人のこどもたちに挨拶をしてから、離れて設置したプラスチックボードを目掛けてビーンバッグを投げるバッゴーという的入れゲームをして遊びました。ビーンバッグをホールに入れたり、ボードに乗せたりして得点を競い合うのですが、こどもたちは得点が入ると大喜びをしていました。

 

途中で、2人の幼児が参加して、よちよち歩きながらビーンバックを放り投げて満足そうな顔をしているのが印象的でした。

 

その後、こどもたちがカルタやトランプで遊んでいると、サンタクロースの学生がやってきて、お菓子のプレゼントを渡しました。

 

このプレゼントは、本学のヤマザキショップで募金に協力してくれた皆さんの善意によって準備されたものです。32名の児童と10名の乳児へクリスマスプレゼントを贈ることができたのも、皆さんのご協力のお蔭です。ありがとうございました。

 

52278

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index