menu

  • 鈴鹿大学
  • 東海学校保健学会で優秀演題賞を受賞しました

東海学校保健学会で優秀演題賞を受賞しました

2017年09月05日

9月3日土曜日に日本赤十字豊田看護大学において第60回東海学校保健学会が実施されました。

 

鈴鹿大学より、石川拓次准教授、小川真由子助教、専攻科2年生の学生田野エリヤさん、水谷緋里さんが研究発表を行いました。

 

そのうち、石川先生、田野さんの2名が優秀演題賞に選ばれるという快挙を成し遂げました。

 

演題名は、石川先生は「運動器に関する意識についての一考察-運動系部活指導者と養護教諭の比較を中心に-」、田野さんは「小学校における児童虐待の早期発見に向けた取組-養護教諭の活動を中心に-」でした。

 

来年度は平成30年9月15日に鈴鹿大学にて第61回東海学校保健学会が開催されます。

 

鈴鹿大学は今後さらに、養護教諭を中心とした学校保健の研究に貢献していきます。

 

東海学校保健学会1  東海学校保健学会2

 

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index