menu

  • 鈴鹿大学
  • 養護教諭・音楽療法士コースで卒業研究発表会が行われました。

養護教諭・音楽療法士コースで卒業研究発表会が行われました。

2017年01月29日

生活コミュニケーション学専攻にて卒業研究発表会が行われました。
短大では、2年生になると通年の「卒業研究」という授業の中で卒業論文の作成を行います。
その報告会と情報交換の場としてこの発表会が実施されます。
1年生が先輩方の発表を参考に、来年度の卒論テーマを決めるヒントを得たり、研究方法などを学びます。

 

今年度のテーマの一例として、「動物の同性愛について」、「小学生における清潔意識の現状と清潔に関する健康教育活動」、「短大生の月経痛と生活習慣」、「高齢者集団音楽療法現場実習による楽器活動の参加への意欲度」、「放課後児童クラブにおける夏季休暇中の活動に関する一考察」など、短大で学んだことや身近な話題などを題材に研究報告がなされ、とても興味深い内容となっていました。1年生の後輩や専攻科の先輩方からも質問を受け、さらに学びを深めることが出来ました。

 

4月からスタートするこども教育学部ではこの流れを基本として、「基礎ゼミⅠ~Ⅳ」の中で論文作成のノウハウを学びます。

 

新学部なのに先輩がいることはとても心強いことだと思います。大学時代での縦の繋がりは社会に出てからもきっと役に立つことが多いはずです。三重県唯一の養護教諭養成校ならではの強みではないでしょうか?

 

そんな仲間の一員になってみませんか?一同、お待ちしています。

 

卒論発表会2

page_top

site index