menu

  • 鈴鹿大学
  • 「初年次セミナー」で外部講師によるキャリアプラン学習を実施

「初年次セミナー」で外部講師によるキャリアプラン学習を実施

2017年01月06日

1月5日(木)、1年生「初年次セミナー」におけるキャリアプラン学習の一環として、株式会社Eイノベーション教育事業部課長の坂本勝氏による講演「評価される社会人とは」を開催しました。

 

坂本氏は大学生の人気業種である証券会社の人事課長経験があり、「100名の採用枠」に届く「30000枚のエントリーシート」を処理したご経験をお持ちです。「1時間かけて書いたエントリーシートでも、読める時間は1分」といった、採用の現場を知る人ならではのお話を聴くことができました。

 

学生が志望企業にエントリーシートを読んでもらい、内定を獲得するために、どうするかという点について・・・

(1)大学時代は資格を取ること(資格の欄は絶対に見られる)

(2)仕事は「好き」「できる」「求められる」「続けられる」を満たすものであること

(3)企業によっては自らの給料の数十倍の売上を出せなければならないこと

・・・といった心構えを教えていただきました。

 

教員からも同じ趣旨のメッセージを普段から伝えてきたつもりですが、採用の現場にいる方の具体的な事例を交えたお話は迫力がありますね。

 

もうすぐ1年次が終了しますが、この先も本学では、語学やビジネスなどの資格、ボランティアやインターンシップなどの体験の場・・・などなど様々なチャンスを学生のために用意しています。

 

自らの望む進路に進めるかどうかは、これらを活用できる学生自身の心がけ次第だと思います。年明け早々ですが、気を引き締めていきましょう。

 

290105坂本氏

page_top

site index