menu

titile_campuslife

海外短期留学支援制度 (Study Overseas Program(SOP))

体験レポート

カナダ・シェリダンカレッジでの留学レポート【国際学科4年生 辻原明子(シニア学生)】

No5. 2018年5月12日

カナダのマザーズディのデコレーションです。メインフロアーに飾り商品を展示してます。

皆さん写真撮ってます。花飾りの前で。私は商品の販売の人達も撮りました。

自分の写真は傍にいたグループに声かけて撮ってもらいました。花に負けています・・・。

遠慮して前屈みになっています。外国人は胸を張っています。。

遠慮の文化がこんな所にも表れているような気がします。


mothers_day_1
mothers_day_2
mothers_day_3

No.4 2018年4月28日

 4/28に大学のインターナショナルセンターに申し込みをしてあったトロントの動物園、(何と東京ドーム61個分の敷地)にスクールバス1台で出発しました。

 隣がベトナムからの留学生クィーンさんで、私達は一人参加組。お友達との参加者が殆どでした。ジャマイカとインドの学生とか。クィーンさんはネットでルームシェアを探し、一軒家を仲間同志で借りてオークビレOAKVILLEに住んでいます。静かで快適だといってました。以前もインドからの留学生が寮はお金がかかるから3、4人でアパートでシェアしていると言ってました。皆さん親からの仕送りで生活してるからよく考えています。バイトはしていません。毎日一生懸命に勉強しています。日本の大学生のイメージとは違いました。

 授業は1科目2時間です。授業中は先生の話を熱心に聞きます。携帯を見たり、話していると外へ出て行きなさいと注意されます。途中ブレイクタイムが10分程あります。その時はトイレに行ったり先生や仲間と話したり携帯したり自由に楽しんでいます。皆よく話します。話すことでお互いをより理解します。私もクィーンさんと知っている単語を引っ張り出して話しました。彼女は流暢な英語を話します。とても落ち着いた雰囲気です。卒業してもベトナムに帰らず、こちらで働くと言っていました。生活水準が違うからだそうです。

 動物園では、森の中に自然に動物達が生活している広い広い敷地を私達は歩きました。小雨の寒い日だったけどよく歩きました。途中レストランでお昼休憩。3$のホットチョコレートが甘くて体と心に染み渡りました。彼女のハム、パン、トマト、リンゴを頂いて、私の持っていったゆで卵食べられませんでした。お腹一杯満たされて集合時間の17:40までひたすら歩きました。珍しいカメレオンの卵も見ました。カバの子供の餌つけの様子、レプリカと思ったら本物だったフクロウなど沢山見て楽しみました。19時寮に到着、森の中で癒された1日でした。


20180430055419[edit]_r2_c1
DSC_0186_r2_c2
DSC_0215[edit]_r1_c2


DSC_0220_r2_c1
DSC_0221[edit]_r1_c2

No.3 2018年4月27日

 私達は試験期間も終わり、明日で冬期の授業が最後となります。昨日はFauzia先生のクラスでグループ発表のテストがありました。先生の決められたメンバー4人が一つのグループになって
テーマに添って話し合っていきます。

 グループは、中国人男子留学生2人、カナダに来て奥さんと生まれたばかりの子供の3人で生活している男性です。彼は夜中大きなベーカリーの会社で朝の5時まで働いて、仮眠を取り大学で勉強しています。そして私です。

 テーマはバケーションに決まりました。テストは10分以内でまとめなくてはなりません。文法、発音、発表の態度、等後ろで時間を計りながらチェックをされます。4組16人が終わりました。

 私は朝からお寿司を作りました。材料は椎茸、海老、白身の魚です。のりと椎茸は日本から持って行きました。皆さんが美味しいと言ってくれました。

 先生にはお抹茶を用意しました。皆さんが興味深々で手元を見ています。楽しい国際文化交流の一時でした。

 カナダにもやっと春が訪れました。日射しがきつく又日本と感じがちがいます。水仙ももうすぐ咲きそうです。

IMG-20180425-WA0004IMG-20180425-WA0002
No.2 2018年4月14日

 大学の中で行列ができるお店で、やっとドーナツが買えました。コーヒーを入れて、幸せなひとときを過ごすことができました。

DSC_0099
No.1 2018年4月1日

 3/8に無事にカナダに着きました。迎えの学生さんも来てくれました。 毎日寮から大学に歩いて通っています。一つの町ほどの大きな大学ですので歩いて歩いています。

 困ることも多いです。トランクが開かなくて、撮った写真を見せたら寮まで来てくれて、すぐに開けてくれたのが写真のマイケルさんです。マイケルさんは、教室がわからないと案内してくれたりする、人の気持ちの分かるとても親切な人です。

 クラスのみんなは「あきこ、あきこ」と呼んでくれます。それから私を見て「寿司、寿司」とも言います。いつかクラスのみんなに、お寿司を作ってあげようと思っています。

 大学では日本人にはまだ会ったことがありません。インドからの留学生がたくさんいます。郵便局に行こうと大通りを歩いていたら、道を間違えてしまって、インドからの女子留学生が、郵便局の中まで連れて行ってくれました。本当に親切!

 カナダに留学に来て、今さらながら留学生の気持ちがよくわかりました。またメールします。

DSC_0058[edit]
  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index