menu

titile_campuslife

海外短期留学支援制度(Study Overseas Program(SOP))

プログラム概要

鈴鹿大学が教育目標の柱のひとつとして掲げているのは、国際社会で活躍できる人材の育成です。学生にはそのために幅広い知識と教養を身につけ、英語を はじめとする諸外国語を習得し、国際社会の現状を学んでもらいたいと考えています。

本学国際人間科学部では、この教育目標を達成するために学生自らが海外生活を送り、異文化を体験することが重要と考え、平成16(2004)年度入学生より海外短期留学支援制度(SOP)を導入しています。

このプログラムは、皆さんが海外を知り海外で学ぶことをサポートするために大学が支援金を出し、留学による単位を認め4年間で卒業できるようになっています。参加学生の留学成果と留学中の安全を最優先に考え、大学が留学・研修先を設定しますが、どのプログラムに参加するかは学生個人の意志で決定します。大学の教員が引率する研修ではなく、あくまでも個人の意志と責任で参加するものです。

この制度を利用して海外で勉強することを希望する皆さんは大学の定めた約束の下、事前学習など準備に万全を期してください。そして現地では鈴鹿大学の学生としての自覚を持ち、実りある海外留学・研修になるよう頑張ってください。

皆さんが国際感覚を身につけ一段と成長して無事帰国することを願っています。

海外短期留学支援制度(SOP)

page_top

site index