menu

titile_academics

国際地域学部 国際地域学科

logo

(1) 教育目標

グローバル化する地域社会の課題をビジネスや文化(理解力)で解決できる人材を養成する。

(2) 3つのポリシー

① ディプロマポリシー

ア 国際社会・文化に関する広範な知識を身につけ、世界的な視野をもって地域の課題の発見と解決ができる。

イ 他者との円滑なコミュニケーションができ、社会で与えられた役割を、他者と協同で行うことができる。

ウ 社会人としての高度な教養を身につけ、主体制をもって行動することができる。

② カリキュラムポリシー

ア 国際地域学部の教育課程は、「専門科目」、「コース共通科目」及び「教養科目」で構成する。

イ 教養科目は、英語、外国語としての日本語を中心とする語学、情報処理科目、及び一般教養科目から構成し、社会を生き抜くために必要となる基礎学力と教養を身につける。

ウ コース共通科目は、3つの専門コースの学びの内容に共通する授業科目から構成する。コースを選択し専門科目を履修するに当り、必要となる知識を身につける。

エ 専門科目は、教養科目及びコース共通科目の学びを展開して、国際コース、地域コース、ビジネスコースの3つのコースそれぞれの学びの内容に特化した授業科目から構成される。

③ アドミッションポリシー

ア [関心・意欲] 建学の精神「誠実で信頼される人材に」に基づく人間性に関心を寄せ、成長とする意欲をもっていること。

イ [知識・技能] 高等学校での学びを通して、その内容を理解し、本学での学習に必要な基礎学力を身につけている。

ウ [思考・判断・技能]他者の意見をしっかりと聴き、自身の意見をわかり易く他者に伝える姿勢をもつ。

エ [主体性・国際性]広い視野を持ち、グローバル化する地域社会の課題を、多様な人々と協働して解決しようとする態度を持つ。

 

学部・学科の特色

 社会・経済の急速なグローバル化が進む中、人口減少や大都市集中化、経済社会のニ極分化が進み、地域創生が国の政策課題になる中、地方都市に所在する本学において、これらの社会的な要請に応え、これらの課題の解決に貢献する人材の養成を目指す。

_U4A1252_r1_c1

国際地域学科には、国際コース、地域コース及びビジネスコースの3コースがあります。

国際コース

国際学・語学の分野を中心に、獲得した国際理解力、異文化理解力、コミュニケーション力等の知識を駆使して、社会の様々なニーズに応え、活躍する人材を育成する。

地域コース

グローバル化する地域社会において、地域固有の資源を活かして課題を解決し、国際的に観光、スポーツの振興に取り組む人材を育成する。

地域コースでは、履修科目によりスポーツ健康ビジネス専門課程と観光専門課程のいずれかを取得することもできます。

ビジネスコース

リーダーシップを発揮して、地域の課題に対する具体的な解決策をビジネスの形で提案・実行できる人材を育成する。将来は、独立・起業できるスキルを身に付ける。

 

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index