menu

titile_about

教員紹介

梅田 肇

名前 梅田 肇
職名 学部長・教授
最終学歴 米国インディアナ大学大学院言語学研究科 応用言語学専攻修士課程修了
学位 MA in Linguistics (TESOL) 修士(言語学)
主な担当科目 演習I、卒論演習、オーラルコミュニケーション、英語科指導法I
専門分野 英語教育学
研究テーマ 英語教授法、社会における言語の役割
研究業績(著書、論文等)

【著書】

  • 『身近な外国語事情—英語を中心に』 単著 北樹出版 2013年 ISBN978-4-7793-0388-3

【学術論文】

  • “Asking Alumni, Faculty, and Students: How much is English Needed in and after University?” 単著 Proceedings of the JACET Commemorative International Convention 2011年
  • 「英語なき国際化:三重県某市の公立中学校における調査」 単著 『鈴鹿国際大学紀要CAMPANA』 17号 2011年
  • “Some Issues of Foreign Students in a Japanese School: A Pilot Study in Mie” 単著 Universidad de Valladolid (The University of Valladolid) ES: Revista de Filología Inglesa (English Studies: Journal of English Philology) 29号 2008年
キーワード 外国語としての英語、社会における言語の役割、英語教育
メッセージ 良くも悪くも、英語は世界で最も多くの人が使う言語になりました。そして、日本語を母語とする我々には身につけるのが難しい言語でもあります。だからこそ、英語学習の意義があります。毎日少しずつ、無理なく一緒に取り組みましょう。

 

詳細はresearchmapをご覧ください。

page_top

site index