menu

titile_about

教員紹介

榊原 尉津子

名前 榊原 尉津子
職名 准教授
最終学歴 大阪体育大学体育学部
学位 体育学士
主な担当科目 鈴鹿学、基礎ゼミナールⅠ・Ⅱ、保育内容(健康)、こどもの運動あそび、レクリエーション概論・実習
専門分野 保健体育学
研究テーマ 乳幼児の事故予防、子どもの生活リズム、子育て支援
所属学会 日本乳幼児教育学会、日本学校保健学会
研究業績(著書、論文等)

【著書】

  • 「新造形表現 実技編」(共著)三晃書房、2009年
  • ゼミテキスト(保育基礎ゼミ)「思いやり」と「表現力」のある保育者養成を目指す授業改善の試み(共著)  高田短期大学子ども学科 平成18年度「私立大学教育研究高度化推進補助」による助成研究報告書(第3報)ゼミテキストⅠ<保育基礎ゼミ> 平成19(2007)年3月発行
  • ゼミテキスト(総合演習)「思いやり」と「表現力」のある保育者養成を目指す授業改善の試み(共著) 高田短期大学子ども学科 平成18年度「私立大学教育研究高度化推進補助」による助成研究報告書(第3報)ゼミテキストⅡ<総合演習> 平成19(2007)年3月発行

【論文】

  • 「思いやり」と「表現力」のある保育者をめざす授業改善の試み(第3報) (共著) 大学教育高度化推進特別経費助成金報告書(分冊)収録 平成19(2007)年3月発行
  • 「保育者養成校における「乳幼児の事故予防」に関する指導―基礎技能科目「幼児体育」の取り組み―(単著)  高田短期大学紀要第26号 平成20(2008)年3月

【研究発表】

  • 科目間の連携による『乳幼児の事故予防』に関する授業改善―専門科目「幼児体育」の取り組み―(単独) 日本乳幼児教育学会第17回大会 平成19(2007)年8月発表
  • 文部科学省「早寝早起き朝ごはん」国民運動プロジェクト助成事業『子どもの生活リズム向上のための調査研究』乳幼児の調査研究報告書(共著)みえ乳幼児生活リズム向上実行委員会 平成19年文部科学省「早寝早起き朝ごはん」国民運動プロジェクト助成事業による研究報告書収録 平成20(2008)年2月発行
  • 文部科学省「早寝早起き朝ごはん」国民運動プロジェクト助成事業『子どもの生活リズム向上のための調査研究』乳幼児の調査研究報告書(共著) みえ乳幼児生活リズム向上実行委員会 平成20年文部科学省「早寝早起き朝ごはん」国民運動プロジェクト助成事業による研究報告書収録 平成21(2009)年2月発行
  • 保育園児の生活習慣(1)―生活リズム向上実践前後の年齢実態と効果―(共同)   第56回日本保健学会 平成21(2009)年11月発表
  • 保育園児の生活習慣(2)―生活リズム向上実践前後の年齢実態と効果―(共同)   第56回日本保健学会 平成21(2009)年11月発表
  • 保育者を目指す学生の健康と生活(1)(単著)高田短期大学育児文化研究センター  「高田短期大学育児文化研究」第5号 平成22(2010)年3月発行

【研究発表】

  • 監修 パパの出番ですよ~『パパと子どものふれあい遊び』図解 三重の子育て情報誌ワイヤーママ三重版Vol.14、1・2月号  平成20(2008)年12月発行
  • 講演 津市保育所職員研修会「2歳児のふれあいあそびについて」2歳児担当保育士  対象(津市保育所施設長連絡協議会主催)平成20(2008)年6月
  • 講演 「親子で楽しむ ふれあいあそび」園児とその保護者対象(三重県四日市市内、鈴鹿市内の幼稚園主催)平成20(2008)年8・10月
  • 講演 あのつアカデミー・家庭教育支援コーディネーター養成講座(基礎コース)津市内一般市民対象「家庭で楽しむふれあいあそび」(津市教育委員会主催) 平成20(2008)年11月
  • 講演 津市保育所職員研修会「楽しいリズムあそび」5歳児担当保育士対象(津市保育所施設長連絡協議会主催)平成21(2009)年7月
  • 講演 乳幼児教育研修講座「子どもを夢中にさせるリズム遊び」松阪市内保育士、幼稚園・小学校教職員 約100名対象(松阪市子ども支援研究センター、松阪市こども未来課主催) 平成22(2010)年6月
メッセージ

乳幼児教育のスペシャリストを目指して、4年間で多くの専門知識や指導(援助)力を身に付けて欲しいと思います。また、実習や支援活動を通して人を思いやる心を養い、誰からも愛される保育者(支援者)になってもらいたいと考えています。未来あるこどものために、こどもの目線に立って一緒に研究を進めていきましょう。

page_top

site index