menu

titile_about

教員紹介

中山 真

名前 中山 真
職名 助教
最終学歴 名古屋大学大学院教育発達科学研究科 博士後期課程単位取得満期退学
学位 修士(臨床人間科学)
主な担当科目 保育の心理学Ⅰ・Ⅱ、発達心理学、教育心理学、臨床心理学、精神保健、基礎ゼミナールⅢ・Ⅳ、ゼミナールⅠ~Ⅳ
専門分野 心理学(臨床心理学・社会心理学・発達心理学)
研究テーマ 対人関係におけるストレス関連成長、子どものソーシャルスキルトレーニング
研究業績(著書、論文等)

【著書】

  • 「対人関係の社会心理学」共著 ナカニシヤ出版 2012年
  • 「体験で学ぶ社会心理学」共著 ナカニシヤ出版 2010年
  • 「親密な関係のダークサイド」共訳 北大路書房 2008年

【学術論文】

  • 「教育・保育実習による保育者効力感の変化に二次元レジリエンスが及ぼす影響」単著
    『鈴鹿大学短期大学部紀要』36巻 2016年
  • 「大学新入生の友人関係におけるFTFおよびSNSコミュニケーション」共著
    『対人社会心理学研究』15巻 2015年
  • 「Life-cycle Images and Psychosocial Development Among Adolescents in Japan」共著
    『東海心理学研究』7巻 2013年年
  • 「Development of the Gerotranscendence Scale Type 2: Japanese Version」共著
    『The International Journal of Aging and Human Development』75巻 2012年

【報告書】

  • 「コンサルテーションを重視したSC活動」単著
    『平成21・22年度愛知県臨床心理士会学校臨床心理士活動報告書』2012年
キーワード 対人ストレス、成長感、レジリエンス、ソーシャル・サポート、ソーシャルスキルトレーニング
メッセージ

心理学の様々な理論と臨床心理士として勤務した児童相談所・一時保護所や小中学校での経験に基づいて、みなさんの将来に役立つ内容を分かりやすくお伝えできればと考えています。研究内容や授業内容等、詳しくは下記の個人サイトをご覧ください。

 

詳細はresearchmapをご覧ください。

page_top

site index