menu

titile_about

3つのポリシー

国際人間科学部

教育に係る基本方針

教育基本法および学校教育法の精神に則り、広く教育を授けるとともに、専門の学芸を教授研究し、建学の精神に基づき国際社会の発展に貢献する人材を養成することを目的とする。

教育理念・目的

国際人間科学部は、国際学と人間科学の諸分野において学際的な教育研究を行うことにより、専門的な知識と豊かな教養、広い視野と柔軟な思考力をもった人材を育成し、ビジネス、ホスピタリティやウェルネスを含めた分野で国際社会と地域社会の発展に貢献することを目的とする。

国際学科の3つのポリシー

1. ディプロマポリシー(学位授与方針)

  • 社会人として必須の教養、コミュニケーション能力およびホスピタリティマインドを有すること。
  • 他者や異文化を受容する感受性と配慮する能力を備え、グローバル化の進む社会で共生し発信する能力を有すること。
  • グローバルな視野を備えつつ、地域社会にも貢献できる能力を有すること。
  • 時代の変化や社会からの要請、地域の課題に対応しうる実践的な知識とスキルを有すること。
  • ビジネスマネジメント、多文化共生に関する専門知識を有すること。

2. カリキュラムポリシー(教育課程方針)

  • 現代社会に通じるコミュニケーション能力の養成
    日本語と英語を中心とする外国語の総合的な運用能力を高め、他者との意思疎通を円滑にし、自己の意見を他者に理解される能力を習得し、地域社会と国際社会で評価されるようになる。
  • 国際社会と地域社会を理解する基礎的知識の習得
    6つの専門領域(ビジネス基盤・観光ビジネス・スポーツマネジメント・地域社会・国際・英米語)の一つに所属して学修を進め、グローバル化された地域の実情を知り、発生している問題の解決に導ける能力を習得する。
  • キャリア形成につながる専門的知識の習得
    主体性を持って他者に働きかけながら実行する力、課題を発見して計画を立案して解決する力、新たな価値を生み出す力、情報を発信し他者の意見を聴き柔軟な姿勢で他者を理解する力、状況を的確に把握する力、社会の規律と約束を遵守できる力、ストレスをコントロールする力。
  • 知識と実践を結びつける学外教育の重視
    学内で問題解決の知識を学修し、地域社会での見学と研修によって地域の諸問題を理解し、地域社会の課題に対応できる力を身につける。

3. アドミッションポリシー(入学者受入方針)

  • 徳性 誠実で信頼される人
  • 国際性 世界に関心があり、世界への知識を広め、世界への理解を深めたい人
  • 地域性 大学で学んだ成果を地域に発信・還元し、地域に貢献したいと考える人
  • 多様性・主体性・協働性 時代の変化を越える教養を身につけながら、変転する現代社会を読み解く知性を磨き、それに対応する多様な知識とスキルを修得し、主体性を持ちながら他者と協働して行動する人

こども教育学部

教育に係る基本方針

教育基本法及び学校教育法の精神に則り、建学の精神に基づき、広く知識を授け、専門の深い学芸を教授研究し、豊かな人間性を涵養することで、高度で専門的な職業的教育を目的とし、国際社会及び地域社会の発展と向上に寄与し得る人材育成を使命とする。

 

教育目的・教育目標

こども教育学部は、「誠実で信頼される人に」という建学の精神に則り、専門的な知識と豊かな教養、広い視野と柔軟な思考力をもち、感受性豊かな人材を養成し、地域社会の発展に寄与すること教育理念におく。「多文化共生を理解し、人間愛に基づく広い視野を持った人」「自ら獲得した教育研究の成果を地域社会に還元し、地域社会の請に応えられる人」「社会的責任と役割に自覚し、他人と協働できる人」という人材の養成を目的とする。こども教育学科は、教育・保育の専門家として、専門的な知識と実践的な技術を身に付け、教育者・保育者としての使命と責任感を持ち、地域貢献や社会貢献に資する人材の養成を教育理念におく。次代を担うこどもたちの育成、発達支援をする人物としてふさわしい養護教諭、幼稚園教諭・保育士等の養成を目的とする。

こども教育学科の3つのポリシー

1. ディプロマポリシー(学位授与方針)

こども教育学部こども教育学科では、「誠実で信頼される人に」という建学の精神のもと、次代を担うこどもたちの育成・発達支援をする人物としてふさわしい養護教諭、幼稚園教諭・保育士養成を目的にしている。そのために必要な「土台となる力・生きる力・つながる力」という3つの資質を、卒業時に学生が身につける能力と定める。

 

  • 「土台となる力」とは、基礎教養と専門領域の知識・技能を修得し、教育者・保育者の基本である豊かな人間性と総合専門力、真理を追究し続ける情熱を持っていることである。
  • 「生きる力」とは、主体的に自らの課題を発見し解決する創造力を持ち、幅広い教育実践力を活用できることである。
  • 「つながる力」とは、多文化共生時代の中の一員として、地域・世代・文化の違いを認め合い、ともに生きていくことのすばらしさを分かち合える感受性と、自らの考えや知識・技能を論理的・芸術的表現で伝え、他者と協働できることである。
  • ①幼児教育学専攻
    保育・幼児教育の現場でリーダーシップを発揮できる幅広い知識と実践力を持っていること。
  • ②養護教育学専攻
    学校・保健教育の現場でリーダーシップを発揮できる幅広い知識と実践力を持っていること。

2. カリキュラムポリシー(教育課程方針)

  • 4年間を8つのセメスターに分け、セメスターごとに評価し、体系的に学ぶ。
  • 基礎教育科目と専門科目に分ける。
  • 基礎教育科目では、必要な基礎学力の養成、幅広い教養の修得、卒業後の自立への意欲形成を図るために科目を配置する。とくに、地域社会について主体的に学ぶ「鈴鹿学」を必修とする。
  • 専門科目は、養護教育学専攻と幼児教育学専攻に分け、専攻ごとの人材育成目的に沿って、体系的に科目を配置する。各科目の理解を深め、実践力を養うため、実験・実習・演習を重視する。
  • 基礎教育科目および専門科目において、学年に応じたキャリア形成に資する科目を設定し、適正なキャリア教育を行う。また、共通専門科目や、所属する専攻以外の科目も履修可能にし、それらを幅広く学び、学生が自らの可能性を見出し、職業人としての志望を実現できるよう支援する。
  • 理論と実践の一体的理解を図り、能動的な学修や生涯にわかって学び続ける力を養うため、学外学習・インターンシップ・ボランティア活動も配置する。

3. アドミッションポリシー(入学者受入方針)

  • 高等学校で幅広く学び、本学での学修に必要な基礎学力を有している人
  • 自らの考えを、他人の文章などでわかりやすく伝えられる人
  • 主体性を持った行動ができ、多様な人びとと協働できる力をもっている人
  • 教育に広い関心を持ち、地域社会へ貢献したいという意欲がある人
  • 広くこどもたちに対して愛情と思いやりの心をもっている人

①幼児教育学専攻

  • 音楽、体育、美術等の基礎知識および技能を有している人
  • 保育や教育に強い関心を持ち、学ぶ意欲がある人
  • 社会福祉や保育について自ら考え、それを表現できる人

②養護教育学専攻

  • 国語、生物、保健等の基礎知識および技能を有している人
  • 健康や教育に強い関心を持ち、学ぶ意欲がある人
  • 教育やいのちの大切さについて自ら考え、それを表現できる人

page_top

site index