menu

titile_about

鈴鹿大学創立25周年記念事業

25th

募金協力のお願い

 鈴鹿大学(旧鈴鹿国際大学)は、1994年に鈴鹿市郡山町に開設され、2019年に開学25周年を迎えます。建学の精神「誠実で信頼される人に」の下、一貫してグローバル化された地域で活躍する人材の育成に取り組んでまいりました。本学は、英語をはじめとする語学力、人と人とを結ぶコミュニケーション力、多文化共生を推進する異文化理解力などの知識を駆使し、これまでに多くの人材を国の内外を問わず輩出してまいりました。これもひとえに皆さま方のご支援のたまものと感謝申しあげます。

 今日の激しく変化する社会において、少子高齢化に端を発し、大学を取り巻く環境は、景気回復の兆しが見えてきたとはいえ未来を予測することが困難な時代にあり、一層厳しさを増しているところであります。このような状況の下、教職員が一丸となって教育改革を進め、充実した学生生活を送ることができるよう施設設備の整備強化を図っていく所存です。

 つきましては、学園のさらなる発展のため、教育研究、施設設備の充実及び教育活動支援のために何とぞ本学の寄付金募集に温かいご支援を賜わりますようお願い申しあげます。

学校法人 享栄学園

理事長 垣尾 和彦

鈴鹿大学沿革

教育振興募金のご案内

募集の要項

募金名称 鈴鹿大学創立25周年記念事業教育振興募金
募金目的 鈴鹿大学における教育施設・設備等の改善、ならびに奨学基金の充実を目的とします。
目標額 2,000万円
募集期間 2018年4月1日〜2020年3月31日
募金額

個人1口 3,000円

法人1口 10,000円

※口数に限らず、任意の金額も謹んでお受け致します。

対象者 在学生保護者、卒業生、教職員、本学関係者、目的にご賛同いただける個人及び法人(企業・団体)など

お申込方法

1.寄付の申込と振込

 同封のゆうちょ銀行専用「払込取扱票」をご利用ください。ゆうちょ銀行専用払込用紙がご寄付の申込書を兼ねています。

※振込手数料は不要です。

 

2.領収書について

 ゆうちょ銀行「振替払込請求書兼受領証」が受領書及び領収書となります。減免税措置手続きにも必要となりますので、大切に保管してください。

 

3.顕彰、芳名録について

 ご寄付を賜った方のご芳名をホームページや広報誌に掲載いたします。掲載の諾否については「払込取扱票」の該当欄をご覧になり、ご記入をお願いいたします。ご寄付を賜った方の名前・住所等の個人情報は、本学が行う寄付金募集以外には使用いたしません。

 

寄付金に対する減免措置

 学校法人享栄学園にご寄付いただいた場合は、減免措置(寄付金控除)が受けられます。

 

■個人の場合

 「税額控除制度」と「所得税控除制度」とがあります。いずれか一方を選択して、確定申告を行うことで優遇措置を受けることができます。以下の必要書類を添えて、所轄税務署にご提出ください。

 ①「振替払込請求書兼受領書」

 ②寄付金控除に係る証明書

 ③寄付金領収証

○税額控除制度(計算式で出た寄付金控除額を所得税額から控除)

 寄付金控除額※1=(当該年中(1~12月)に支出した寄付金の額※2-2千円)×40%

○所得税控除額(計算式で出た寄付金控除額を課税所得金額等から控除)

 寄付金控除額=(当該年中(1~12月)に支出した寄付金の額※2-2千円)

※1:所得税額の25%が限度

※2:年間総所得金額等の40%が限度

■法人の場合

 寄付金額が当該事業年度の損金に算入されます。損金算入は「受配者指定寄付金」と「特定公益増進法人に対する寄付金」があります。ご入金が確認され次第、「寄付申込書」をお送りしますので、お手数ですがお手続きのほどよろしくお願いいたします。

○受配者指定寄付金

 受配者指定寄付金の損金算入限度額=全額

○特定公益増進法人に対する寄付金

 ・特定公益増進法人に対する寄付金の損金算入限度額=(資本金×0.375%+当年度所得×6.25%)×1/2

 ・一般の寄付金の損金算入限度額=(資本金×0.25%+当年度所得×2.5%)×1/4

 

お問い合わせ先

 学校法人 享栄学園 鈴鹿大学 事務局

 〒510-0298 鈴鹿市郡山町663-222

 TEL:059-372-2121

 FAX:059-372-2827

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index