鈴鹿大学 学校法人享栄学園
大学概要 学部・大学院 学生生活 研究・地域連携 生涯学習 大学へのアクセス
附属図書館


シンプルで使いやすい図書館です。208席の閲覧座席と、インターネットの利用できるパソコンやコイン式の複写機なども 用意されております。学習や、教育に必要な資料の収集と充実に力を注いでおります。蔵書は本学のカリキュラムを反映し、 国と国との関係、各国の文化関係の図書や語学の図書がそろっております。また、観光学科関係の図書の収集にもつとめて おります。2004年3月末現在、約6万5千冊の図書と202種の雑誌が利用できます。
OPAC(蔵書検索)





●開館時間:
9:00〜17:00
●休館日:
土曜日・日曜日・祝日
学園の創立記念日(6月1日)
年末年始(12月28日〜1月4日)
●利用上の注意:
1.館内での飲食・喫煙は禁止です。
2.資料を館外へ持ち出す場合は必ず貸出手続きをとってください。 無断で持ち出すと退館時に警報音が鳴ります。
3.館内では静かにし、他の人に迷惑をかけないようにしましょう。
●資料の探し方:
1.資料の配置場所を知る。
2.図書の場合は、分類表をたよりに直接書架上を探す。または、検索用の端末機で検索し、 所在(配架記号)を調べ、書架を探す。
3.雑誌(新刊)は直接書架で探す。バック・ナンバー、大学の紀要などは館員にたずねる。
●館外貸出:
学生証と資料をカウンターに提示して下さい。館員が貸出処理をします。
学部学生 5冊 2週間
研究生 5冊 2週間
大学院生 20冊 1か月
教職員 30冊 3か月
名誉教授 20冊 1か月
卒業生 5冊 2週間
学外者 3冊 2週間
●返却:
返却する資料は、カウンターの箱に入れてください。
●レファレンスサービス:
「こんなことが知りたいが、どの資料を見ればよいのかわからない。」このようなときには、館員にご相談下さい。
●相互利用・相互貸借:
「他大学の図書館を利用したい。」「他大学の図書館の資料を借りたい。」このようなときには、館員に申し出てください。
●複写:
セルフ・サービスです。


●利用できる範囲:
鈴鹿市ならびに河芸町および近郊に住んでいるか勤務している満18歳以上の方です。 蔵書の館内閲覧、館外貸出、コピーなどのサービスが受けられます。研究室にある図書はご利用いただけません。図書は一度に3冊まで、2週間借り出せます。
●利用方法:
図書を借りるには、まずカウンターで「利用者カード」の発行を受けて下さい。 この際、住所などを確認できるもの(学生証・運転免許証など)を見せていただきます。
「利用者カード」は1年間有効です。
その他の利用方法は<利用について>をご覧下さい。
●閲覧室の開放:
夏休み中の8月上旬から8月末日の間、中学生・高校生の皆さんも閲覧室が利用できます。 資料の借り出しはできません。


HOME お問い合わせ プライバシーポリシー 享栄グループ 携帯サイト サイトマップ

鈴鹿大学
〒510-0298 三重県鈴鹿市郡山町663番地222 663-222  Koriyama-cho, Suzuka, Mie, 510-0298, Japan
TEL : (059)372-2121  FAX : (059)372-2827
KYOEI GAKUEN